実際の体験談をご紹介

借金300万を債務整理で減額しました。(男性/30代)

男性/30代

私は営業職をしている30代の会社員です。

大学を卒業してから友人に誘われたパチンコにハマってしまい、
借金をしてまでのめり込んでいた時期がありました。

のめり込んだ理由は、パチンコでたまたま大当たりをしたのがきっかけでした。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借り、
足りなくなると消費者金融からお金を借りてパチンコに行く毎日です。

一時は仕事が忙しかったせいもあり、パチンコに行かない時期もありましたが、
その頃には既に借金が300万円を超えていました

このままでは月々の借金返済だけでも精一杯で、生活も苦しくなりますで、
なんとか借金を返す方法をネットで調べていたところ、借金相談カフェというサイトを見つけました。

誰にも借金のことを知られたくなかったのですが、借金相談カフェは匿名で利用できるとのことで、とりあえず相談してみました。

サイト上で借金の総額や何社から借入があるのかを入力して、シミュレーションしてみたところ、
約50万円減額できそうなことが分かり、早速おすすめの法律事務所を紹介してもらいました。

その後、事務所の方に債務整理について詳しく教えてもらい、
色々と相談した結果、職場や家族にも知られず借金を返済できることが分かりました。

借金をしていた当時は債務整理という言葉すら分からず、生活も苦しく気持ちだけがあせっていましたが、
借金相談カフェに無料相談したことがきっかけで、任意整理の手続きをすることができました。

おかげで、借金の総額もシミュレーション通りに減額できました。今ではパチンコもやめて、毎日仕事に励んでいます。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる

その他の体験談

借金を返す方法にはどんなものがある?相談できるところは?

借金の返済は長引けば長引くほど、利息が積み重なり負担が増えていきます。

なので、なるべく短い期間で全額を返済したいですよね?

そこで、こちらでは借金を少しでも早く返す方法や、どうしても返すことができなくなったときに
どのような手段で解決することができるかについて解説します。

また、借金に困っている人が気軽に無料相談できるサービスも紹介します。

余計な支出を減らして、借金の返済に多く充てる

借金はどこで借りた場合でも、その残高に応じて利息が付きます。

現在の残高のことを元本と呼びますが、この元本を少なくすることで利息による負担を大きく減らすことができます。

銀行のカードローンでは、口座から定められた利息を上乗せした額が、返済日に自動で引き落とされるという返済方法を
とっているところが多いですが、余裕がある月は毎月の返済額以上を支払うことができます。

払える時に多く払って返済期間を短くし、支払う利息も減らすことは可能なのです。

しかし、返済額を増やすためには生活費を見直すことが必要になります。
毎日、特に用事もないのにコンビニに行ってしまうなど、余計な支出を増やしている習慣はありませんか?

食費は工夫次第で大きく減らすことができます。外食の回数を減らしたり、自炊を始めてみるなどの工夫をしてみましょう。

生活費に余裕ができるだけでなく、健康になるといった効果もあって一石二鳥です。
もちろん食費だけでなく、生活の中で減らすことができる費用はたくさんあるので、まずは自分の生活を見直してみましょう。

思い切って、家賃の安いアパートに引っ越すというのも有効な方法の一つです。

毎月の返済回数を1回に!おまとめローンを利用する

借金の返済に困っている人で多いのが、複数の消費者金融から借金をしており、月に何度も返済しているというケースです。

借金の返済相手が複数になってしまうと、管理が大変になります。
また、利息が高いところが含まれていると、それだけ返済額が増えてしまいます。

返済回数が増えるので、精神的にも負担が大きな返済方法と言えます。

そんな返済相手が複数いる状態を解消してくれるのが、おまとめローンという返済方法です。

銀行ローンの一つで、都市銀行から地方銀行、ネット銀行など様々な種類のおまとめローンがあります。
金利の低いものを利用すれば、結果的に利息にかかる費用を減らすことができるので、お得になる可能性があります。

おまとめローンを実施している銀行はたくさんありますが、金利の低さだけでなく、
信用度や審査の通りやすさなど様々な観点から慎重に選ぶことが重要です。

おすすめは口コミによる評判がいい東京スター銀行です。

任意整理をする

借金を全て返す方法が見つからない時は、任意整理という方法を検討してみましょう。

任意整理とは、借金の利息をカットしてもらうことで毎月の返済額を軽くできる方法です。
任意整理の手続きをするためには、貸金業者との交渉が必要です。

そして、それを代理でしてくれるのが弁護士や司法書士です。

任意整理は、裁判所を介さない形で手続きをすることが可能です。
また、手続きの際に借金の返済額を見直してもらった結果、過払い金が発生していたという事例も数多くあります。

過払い金というのは、法律で定められた上限金利以上の返済額を支払うことで発生します。

消費者金融やクレジット会社から長年借金をし続けている場合、利息制限法が施行される前の
「グレーゾーン金利」というものを適用されて、実際の返済額以上を支払っていた可能性があります。

仮に過払い金が発生していなかったとしても、弁護士や司法書士に相談することで
任意整理の手続きを進めてくれるので、とりあえず相談してみるのもいいでしょう。

民事再生をする

民事再生とは、住宅などの財産を残したまま借金を減額してもらい、3年間程度で返済していくという方法です。

減額後の借金を返済することができれば、再生計画の対象となった借金については原則、免除が認められます。

民事再生は借金が完全に無くなる方法ではありませんが、大事な財産を残すことができるうえに、
社会的な信用度という観点でもダメージが少ない方法であると言えます。

借金を返せないことによる資格制限の幅を、民事再生手続きであれば大きく狭めることができるので、
その後の生活に与える影響が少ないと言えます。

民事再生の申し立ては裁判所に対し、必要な書類を提出することで行います。

裁判所より再生手続き開始の決定がなされたら、財産状況の調査や報告、再生計画案を作成し、
認可してもらうことで再生計画に従った弁済を始めることになります。

民事再生は、借金の原因による法律の制限がありません。

ギャンブルなどで作った借金であっても、相談することが可能なので弁護士を訪ねてみましょう。

自己破産を申請する

借金の弁済に使える費用がほとんどない困窮した状況で、借金から解放される手段としては自己破産という方法があります。

自己破産とは、裁判所に全ての債務を免除してもらう手続きのことです。
債権者を保護するために、一定の価値以上の財産を手放すかわりに、以後借金の返済から免れることが可能です。

なお、生活に必須な家具や少額の預貯金などは手元に残しておくことが許されています。

支払い不能という状態になった人が最後に使える手段であると言えます。
連帯保証人になっていなければ、家族に影響を与えることもありません。

資格制限など、その後の自身の生活には少なからず影響を与えますが、
取り立てに悩まされることもなくなり、借金で失敗した人が一からやり直すことができます。

借金を返す方法が見つからない時は、自己破産について弁護士や司法書士に相談してみましょう。

気軽に利用できる無料相談サービス

借金の相談相手がいなかったり、いきなり弁護士事務所を訪ねるのは不安だという方は、
借金相談カフェの無料相談サービスを利用してみるといいでしょう。

借金相談カフェには、借金返済に関するコラムが多数掲載されており、自分に該当する事例がきっと見つかります。

また、借金減額シュミレーターという自分の借金の状況を確認できる機能もあるので、
まずはそちらで自身の借金を見直してみることをおすすめします。

アンケート調査をしてみました

【借金の早期返済】借金を返したいけれど、方法が分からない!

借金を返したいけれど、なかなか完済できず、どうすればいいのか分からない人もいると思います。

金額が大きい場合は、返済を続けても利息の額が大き過ぎて、なかなか完済できない場合があります。
身近な人からお金を借りて返済すれば、金利を払わずに済みますが、借りられるとは限りません。

そこで、借金でお悩みの場合は法律事務所に相談するのがおすすめです。

こちらでは、過去に借金をしていた人が返すために取った方法を紹介します。

借金の返済はどのようにして行いましたか?

アンケート調査の結果

  • 1位:毎月コツコツと定額を支払い続けた・・・54%
  • 2位:家族・親戚・友人などから借りて返した・・・16%
  • 3位:法律事務所に相談し、整理してから返済した・・・11%
  • 4位:収入源を増やして返済した・・・10%
  • 5位:その他・・・7%
  • 6位:新たに借金をして返済した・・・2%

1位:毎月コツコツと定額を支払い続けた

  • 小額だったので毎月決まった額を返済していきました。(38歳・兵庫県・男性)
  • 借りた額がさほど大きくなかったので、毎月コツコツと返済しました。(29歳・福井県・女性)
  • 一度だけキャッシングを利用したことがあります。枠内での追加融資も可能でしたが、ここで使えばまた借り入れが増えるだけだと思い、毎月指定された金額を支払いました。そのため、3年ほどかかりましたが、全て完済できました。(42歳・大阪府・女性)
  • また借りたりするとキリがないので、収入の中からなんとかやりくりして、毎月地道に返済しました。(42歳・大分県・女性)
  • 新たな借金をしないように、地道に今のローンを返済して、なんとか返し終わりました。(44歳・佐賀県・男性)

1位は毎月コツコツと定額を払い続けたという回答でした。

特別なことはせずに、地道に返済を続けた方が多くいらっしゃいました。
金額がそれほど大きくない場合は、計画的に返済していれば完済はも難しくありません。

また、新たに借金をすると返済が終わらなくなってしまうと考え、思い留まったというケースもありました。

2位:家族・親戚・友人などから借りて返した

  • 仕事先が倒産したこともあり、親に泣きついて助けてもらいました。(37歳・北海道・男性)
  • 自分ではどうにもできなくなり、親の力を借りて返済しました。(38歳・徳島県・男性)
  • 家族に謝罪と相談をして、お金を借りて先に返済を済ませました。(34歳・埼玉県・女性)

2位は家族・親戚・友人などから借りて返したという回答でした。

自分で返済するのが難しい場合、身近な人に借りて返済するという方法もあります。
これには、金利を払わなくて済むというメリットがあります。

3位:法律事務所に相談し、整理してから返済した

  • 借金が一向に減らないため、任意整理という方法で利息をカットしてもらい、元金のみを返済しました。(43歳・北海道・男性)
  • 借金が返済できずに弁護士に相談したところ、過払い金の返還請求をすることを提案されました。
    すると、かなりの過払い金が発生しており、これを返済原資として完済しました。(37歳・千葉県・男性)
  • 自分で完済するには限界があったので、専門家に相談する方法を選びました。(45歳・愛知県・男性)

3位は法律事務所に相談して、借金を整理してから返済したという回答でした。

借金で悩んでいる場合は、法律事務所に相談すれば解決策をしっかりと提案してくれます。
また、任意整理を行うことで利息がカットされたり、個人再生で債務額を圧縮できたりといったメリットがあります。

最後のまとめ

借金の返済方法でもっとも多かったのは、毎月コツコツと定額を支払い続けたという回答でした。

特別なことはせず、毎月決まった額を地道に返済し続けたという人が多くいました。
借入金額がそこまで大きくない場合は、コツコツ返済するという方法でも対処可能です。

しかし、自分一人では返済しきれないほど、借金が大きく膨らんでしまったケースもあります。

そのような場合は、家族や親戚、友人といった身近な人にお金を借りて返済するケースが多いようです。
身近な人に借りる場合は金利がかからないため、借金が利息で膨らんでいくのを防げます。

また、法律事務所に相談して債務整理を行うといった方法もあります。

弁護士に相談すれば、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産などをすることで、債務の圧縮や免除が可能です。
借入額が大きくなり過ぎて、返す方法が分からないときはぜひ相談してみましょう。

その際は、借金相談カフェの無料相談サービスを利用するといいでしょう。

こちらでは、借金や債務整理についての疑問を無料で相談できます。
また、匿名の診断シュミレーターに現在の借入状況を入力して送れば、最適な相談先も見つけてくれます。

借金を解決したいけれど、どこに相談すれば分からないという方はぜひ活用してみてください。