このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

クレジットカードのリボ払いに依存した結果。(男性/30代)

男性/30代

社会人になり、クレジットカードを作った時にリボ払いというのにハマってしまいました。

自分のお金が増えたような錯覚を覚えてしまい、クレジットカードでのリボ払いに依存して、
カードを2枚に増やしたうえに、消費者金融3社からもお金を借りるようになっていました。

借りた金額の総額は380万円で、毎月返済するのは11万円です。ですが、月給の手取りは17万円。

借金を返済していくのと同時に家賃を支払ってしまえば、
生活費がなくなってしまうため、この生活費も借金で補っていました。

ATMからもお金が引き出せなくなり、消費者金融からもお金を貸せないと言われた時には、目の前が真っ暗になりました。

親にも借金のことで相談することができなかった私は、
無料相談にのってくれる法律事務所で債務整理を行うことに決めました。

弁護士さんは財産を手放さずに低リスクで済む任意整理という返済方法を勧めてくれました。

利息をカットしてくれるので、毎月の返済額も減り、
私が支払う毎月の返済額は11万円から3万円になりました。

おかげでギリギリの生活をせずに済み、自分のお金で飲みにも行けるようになりました。

匿名かつ無料で借金返済の相談ができるサービスはこちら

貯金を使う感覚でカードローンを使い続けて。(男性/50代)

男性/50代

20代の時に給与振込のためにと通帳を作ったのですが、その時にカードローンの申込みを勧誘されました。

お金を借り入れする機能がキャッシュカードに付いており、手数料や年会費も無料だと聞いて早速申し込みました。

お金のやりくりが苦手だった私は貯金もしていなかったので、
借り入れできるお金を貯金のように使っていたのです。

ですが、カードローンの返済ができなくなり、限度額も満額利用してしまうと、
クレジットカードでのキャッシングでカードローンの返済をするようになりました。

カードの返済をカードで行っているのも限界がきた時には、銀行からの借り入れをして
カードの返済をするようになりましたが、次は銀行への返済をしなければなりません。

悩んだ末に妻に相談したところ、妻から債務整理を進められ、
債務整理を専門としている弁護士さんと話し合い、個人再生での返済方法を選びました。

個人再生は裁判所に申立して借金を減らしてくれる方法で、もとは月々に21,000円返済するものが、
個人再生のあとには月々16,000円の返済になっていました。

債務整理を行ったおかげで、人生をやり直せています。

見栄とプライドでお金を借り続け自己破産(女性/20代)

女性/20代

高卒で就職した私は同窓会の日に社会人としてお金を稼いでいるからと、ブランドのバッグなどを買い揃えました。

社会人としての羽振りの良さをアピールしたかったという見栄で、
アクセサリーもダイヤのものをつけ、美容院にも行きました。

デパートで働いていましたが、給料はそれほど高くなかったので、
デパートのローンとは別にクレジットカードも作っていました。

彼氏ができてからはイベントを盛大に祝ったり、
プレゼントも高価なものを用意していたので、ローンが途切れることがありませんでした。

実家の家計にも協力していたため、母の手術や弟の進学などにもお金が必要となって、
最初のブランドものからローンはなかなかなくなりませんでした。

最終的には330万円の借金となって、返済も無理だと思った時、フロア長に相談して弁護士を紹介してもらいました。

借金の返済もできないうえに生活も破綻しているので、自己破産を選んで借金を処分しました。
財産らしいものもなかったので、失うものはほとんどないまま仕事を続けられています。

借金を踏み倒してしまいましたが、これからは社会貢献できるようにがんばっていきます。

借金の悩みを解決するなら

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

借金の返済方法には何があるの?

借金の返済方法は、債務整理という名称で呼ばれています。

この債務整理は個人の借金のことを整理して、その人がどれだけの借金を毎月返済すればいいのかを決めていきます。
債務整理にも種類があるため、個人の現在の収入状況や借金を返済できるかどうかなどを考えて、債務整理の方法を決めていきます。

また、債務整理=自己破産というイメージが強くある人も多いですが、自己破産は債務整理の一つの手段に過ぎません。

現在の生活が破綻してしまうほどに借金を抱えこんでいる場合は、自己破産を選ぶしかなくなるかも知れませんが、
そうでない場合は別の手段を使って借金を返済していくことができるので、安心してください。

債務整理は一人でもできますか?

債務整理は法的知識がある方なら自分で手続きを行うことができますが、ほとんどの場合、個人では行うのが難しいものです。

専門家からの助言などがないと、自分が整理すべき借金について分からなかったり、
自分が払いすぎているお金のことも見逃してしまうことがあります。

支払いが困難だという借金を負っている場合には、
法律事務所などに行って借金返済について弁護士と話し合うようにしましょう。

相談は無料だという法律事務所もあるので、気軽に相談に行くのをおすすめします。

債務整理の種類には何があるの?

債務整理の種類は3つあります。

1つは任意整理といって、弁護士が依頼者の代わりに金融機関へと向かい、そこで借金を解決するための交渉を行います。
交渉の結果は主に借金を減額させたり、分割で支払えるようにするといったものです。

この時に過払い金があった場合は、その請求も一緒に行われます。

借金の総額を減らすことによって月々に返済できるようにし、借金返済を完済できるようにします。

2つ目は個人再生といって、裁判所に申立することで借金を減額してもらい、原則3年で借金を返済していく方法です。
この方法をとれば資産を残したまま債務整理が行えます。

3つ目は自己破産と言って、依頼者が抱えている借金すべてを処分することです。

返済できないほど借金を抱えていたり、借金のせいで生活がすでに破綻していると裁判所が判断した時に、
破産の宣告を受け渡されて、借金返済をしなくて済むようになります。

ただ、自己破産の場合は自分が持っている資産を処分する必要もあるので、
この方法を選ぶ場合はしっかり弁護士と話し合うようにしましょう。

弁護士に相談しにくい時はどうすればいい?

借金があっても、弁護士に相談するのを悩む方は少なくありません。

自分で作った借金だからと、後ろめたさを感じて相談しに行くことを先延ばしにしている方は、
とりあえず電話での問い合わせをしてみましょう。

借金返済について相談しようかなと思っている時点で、それは借金に困っている証です。

現在の法律事務所は借金の相談について無料で受けてくれるところもあるため、話をしてみるだけでも借金について考えられます。
また、借金をしているのに弁護士への費用は出せないと思っている方も、その心配はありません。

債務整理を依頼すれば、借金の取り立ては即日からストップして、
返済は3ヶ月か4ヶ月後から改めて始まるようになります。

借金問題を専門としている法律事務所や弁護士事務所のほとんどは、弁護士の費用は分割でも構わないとなっています。

そのため、借金に悩まされている人が弁護士の費用も用意しなければならないと新たな悩みを抱える必要はなく、
すすんで事務所まで相談しにいくことができるようになっています。

過払い金って何ですか?

過払い金とは、借金返済の時に払いすぎた利息のことを言います。

カードローンやキャッシングによって資金業者に支払いすぎた利息は、グレーゾーン金利とも呼ばれています。

クレジット会社や消費者金融は、民事上では無効になっているのに、刑事罰は科せられないという理由から、
利息制限法の上限を超えているこのグレーゾーン金利を違法に取り続けていることがあります。

長期に渡って借金の返済をしている人は特に、過払い金が発生している場合があります。

この過払い金の返還を請求することによって、現在返済している借金の総額を減らすことができたり、
払い終わった借金の過払い金を受け取って、いくらかのお金を取り戻すことができます。

返済がすでに終わっている場合は、早急に自分の借金で過払い金がでているかを、相談することをおすすめします。

過払い金は返済から10年で返還請求ができなくなるので、その間に弁護士へ相談するようにしましょう。

おまとめローンって何ですか?

カードで借りたお金を返すために、他のカードを作って、借入先をまた増やしてしまうという人は大勢います。

借金の完済を目指すために借入先を一箇所にまとめるのがおまとめローンです。
バラバラだった借入先を一緒にすることで、借金返済の計画を立てやすくする方法です。

こうすることで借り入れている総額の把握がしやすくなる他に、バラバラだった金利もまとまり、
返済日も1回に減らすことができるようになるため、入金額も減らして無理な支払い方法をしなくて済むようになります。

このおまとめローンは審査があるため、定職に就いて借金の滞納をこれまでに行っていない場合なら、
簡単にパスすることができるようになっています。

おまとめローンにした場合はしぜんと借りられる金額が大きくなってきますが、総量規制の例外となっていることがほとんどです。

この方法を使った借金返済の方法もあるので、検討はすべきです。

怪我や病気で返済が遅れてしまった時はどうすればいい?

怪我や病気などで休職して収入がなかったり、手術や自動車の故障、
冠婚葬祭などの理由で急な出費が続くと、借金の返済ができない日が続きます。

この場合には、返済できない理由を債権者にすぐ報告するようにしましょう。

返済期日を過ぎてしまったり、忘れてしまった時でも、すぐに連絡をいれて謝罪をするのが大切です。

連絡を入れた際には、返済の期日を聞かれます。

前述の理由で返済の期日で約束できるかどうかわからない場合は、詳しい日取りを決めて、
その日までに必ず返すとその場しのぎに約束してしまうのはいけません。

借金返済のお金の目処がつかない場合は、正直に自分の現状を説明して、
返済を待ってもらえないか率直に聞くことが大切
です。

それまでの返済状況や資金業者にもよってきますが、最長で3ヶ月待ってもらうことが可能です。

弁護士と司法書士ってどう違うの?

借金や過払い金の相談相手として、弁護士と司法書士のどちらに相談すればいいかを悩む人は少なくありません。

弁護士は身近で起きる様々な事件やトラブルについての法的アドバイスを出したり、
依頼者の代理人として相手方と交渉を行う法律によって依頼者を守る人のことです。

そして、司法書士は不動産屋会社の登記を専門として行う人のことです。

債務整理での相談や依頼をする場合でも、弁護士と司法書士ではかなり違ってきます。

司法書士の場合、債務整理を行えるのは認定司法書士の人だけで
債権額が140万以下になっている限り、法律相談や交渉、訴訟ができます。

変わって弁護士の場合は債権額がいくらであっても、債務整理の法律相談をはじめとして、
依頼者の代理人として資金業者との交渉や訴訟が行えます。

法的知識を持っていない方なら、弁護士に依頼して債務整理の相談や資金業者への交渉を任せるのをおすすめします。

無料借金診断シュミレーターは、実際の借金返済に関係あるのですか?

法的手続きである債務整理をするなら、弁護士のところへ相談するのが一番ですが、
それよりも簡単に借金返済のための解決方法を出してくれるのが、無料借金診断のシュミレーターです。

このシュミレーターは匿名での診断ができるため、自分の個人情報を出すことがないままに借金返済についての相談ができます。

いわば、シュミレーターは弁護士と依頼者の間にある相談窓口のようなものです。

弁護士に直接相談しにいくのがためらわれる場合には、
まずはシュミレーターでの診断を行ってから、弁護士に相談しに行くのも可能です。

債務整理について考えているという場合に使いたいという時でも、無料なので気軽に診断をすることができます。

弁護士に相談するメリットは何ですか?

資金業者からの過払い金や借金が140万円を超える場合、司法書士には交渉権や
訴訟代理権がなくなってしまいますが、弁護士の場合はその心配がありません。

依頼者に変わって相手側との交渉が可能になっているので、スムーズな交渉ができる他、
納得できる借金の減額や、過払い金の回収を行うことができます。

自己破産や民事個人再生の場合は、裁判所への申立をする必要がありますが、
弁護士は複雑な対応をサポートしてくれるので、自己負担が軽減されます。

司法書士の場合は自己破産の手続きが半年かかってしまう場合がありますが、
弁護士に依頼すれば、即日面接制度を利用することで、3、4ヶ月のうちに手続きを終わらせることができます。

弁護士の費用は司法書士に比べると高いというデメリットはありますが、
手続きをできるだけ少なくしたい場合は弁護士に依頼しましょう。

借金を完済させるためのコツは?

借金を早く返済させたいという人は多いはずです。

その借金を早期に返済するためには、まず返済計画を立てることが重要です。
現在は借金に悩んでいるのに、借金の総額がいくらか知らない人が増えています。

計画を立てるためには、お金を借り入れている会社や、それぞれの借り入れ額と金利、
借り入れ件数と総額、それぞれの返済期日と返済額を把握しておく必要があります。

また、ここにクレジットカードなどのローンも付け足すことも大切です。

借金の把握の次にすることは収支の把握です。借金を返済させるために作る計画表は、いわば家計簿です。

家計簿によって借金の把握以外にも生活費や収入をまとめておくことで、毎月いくらの返済が可能になるかがわかりやすくなり、
返済期間がどれくらいになるのかも目処がたちます。

収入での余裕ができている月には、多めに返済をするという決まりも作ることで、
通常よりも早くに借金を返すことができるようになります。

このページの先頭へ